スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱に入れといたら全部焼いて欲しいんだけど・・・第2回

第1回の装置に
一度に入れられる数がラージチェスト一杯分に
燃料の補充が自動循環式に
木炭を生成したら燃料箱に送る機能

が追加されました。

この装置の想定燃料は木炭です。
材料
チェスト6
木エンジン3
木パイプ3
石パイプ4
鉄パイプ1
金パイプ2
ダイヤパイプ1
ゲート(Gate)1
レッドストーントーチ3

これが装置画像です。
005-2.png
正面


006-2.png
左側面


007.png
右側面


008-2.png
裏面


009.png
ゲートの設定


この通りに設置すればOKです。
わからなかったらコメントください
わかりやすい設置手順考えてみます。

ここからは細かい話です。スルー推奨!

この装置は
カマドに精錬前の物を入れる装置と
カマドから精錬後の物を取り出す装置
燃料を補給する装置
の3部分にわかれています。

実際の処理を説明していきます。

カマドに精錬前の物を入れる装置
アイテムの流れ
精錬したいもの箱→木パイプ→金パイプ*1→石パイプ→ゲート*2→漏斗→カマド

カマドから精錬後の物を取り出す装置
アイテムの流れ
カマド→木パイプ→ダイヤパイプ(*3)→精錬済み箱
                 ↓木炭の場合
               鉄パイプ(*4)→燃料箱

燃料を補給する装置
燃料箱→木パイプ→金パイプ*1→鉄パイプ(*4)→精錬箱
                ↓半分の確率で入る(満載ならスルー)
               カマド

*1:アイテムの感覚を開けて分岐での誤認識を防ぐ
*2:漏斗のインベントリの空きを感知して、木エンジンのON・OFF制御
*3木炭の検出用
*4上にある精錬済み箱への混入防止&ダイヤパイプへの逆流防止

以上で説明終わりです。

コメント




コメントの投稿

非公開コメント











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。