スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱石を砕いて焼いといて! 第1回

IndustrialCraft²を入れたらやっぱり
鉱石を砕いて精錬して2倍得たいですよね!

装置の概要
精錬予約数 4スタック
限界オーバークロック 9
(粉砕機5個 電気炉4個)

燃料 溶岩による地熱発電
電圧 低

正面
024.png

右斜め上
025.png

右側面
026.png

背面

027.png

使用材料

IC2
地熱発電機 2 粉砕機 1 電気炉 1
バットボックス 1 銅ケーブル 2

BC
漏斗 1 木パイプ 2 砂岩パイプ 1
石パイプ 3 木エンジン 4

燃料 溶岩(セル又はバケツ、パイプで搬入)

以上です。


ここからは細かい話なのでスルー推奨


オーバークロッカー(以下OC)と電圧と蓄電量

粉砕機と電気炉を同時に使う場合に愛称のいい枚数があります。

粉砕機のOC1枚の時は電気炉のOC0枚
粉砕機のOC2枚の時は電気炉のOC1枚

といったように電気炉の方を1枚減らすとちょうど良くなっています。

粉砕機で粉が2つになるから2倍必要なのでは?と思いますが
電気炉の速度が早いので1枚少ないほうがちょうどいいのです。

次に電圧と蓄電量ですがOCの枚数によって変わってきます。

ややこしいので表にまとめてみました。
028.png


消費電力は
1つの鉱石を2個の粉にして精錬し
インゴットを2個にするのに必要な電気量です。
平たく言うと鉱石一個の処理し終わるまでに必要な電力です。


1スタック(64個)の鉱石を精錬するのに
OC1・0だと10万3680EU
OC10・9だと28万6016EU
必要といった感じです。

電圧の壁はそのとおりOC積載の限界です。
木エンジン搬出限界の壁は、これ以上早くしても
搬入より処理が早く終わって無意味になってしまうぎりぎりのラインです。

次回は表にある限界の高電圧を使った装置を作る予定です。

コメント




コメントの投稿

非公開コメント











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。